第2類医薬品 コトブキ浣腸L40 春夏新作モデル 40g×2 218円 【第2類医薬品】コトブキ浣腸L40 40g×2 ドラッグストア 医薬品・指定医薬部外品 便秘薬・浣腸剤 【第2類医薬品】コトブキ浣腸L40,nbcdxb.com,/ecclesia126268.html,ドラッグストア , 医薬品・指定医薬部外品 , 便秘薬・浣腸剤,218円,40g×2 【第2類医薬品】コトブキ浣腸L40,nbcdxb.com,/ecclesia126268.html,ドラッグストア , 医薬品・指定医薬部外品 , 便秘薬・浣腸剤,218円,40g×2 第2類医薬品 コトブキ浣腸L40 春夏新作モデル 40g×2 218円 【第2類医薬品】コトブキ浣腸L40 40g×2 ドラッグストア 医薬品・指定医薬部外品 便秘薬・浣腸剤

第2類医薬品 コトブキ浣腸L40 人気提案 春夏新作モデル 40g×2

【第2類医薬品】コトブキ浣腸L40 40g×2

218円

【第2類医薬品】コトブキ浣腸L40 40g×2

商品の説明

"span"商品紹介

"span"【第2類医薬品】コトブキ浣腸L40 40g×2

"span"医薬品の販売について

"span"
●使用上の注意"span"
■■してはいけないこと■■
連用しないこと
(常用すると、効果が減弱し(いわゆる“なれ"が生じ)薬剤にたよりがちになる。)

■■相談すること■■
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(流早産の危険性があるので使用しないことが望ましい。)
(3)高齢者。
(4)はげしい腹痛、吐き気・嘔吐、痔出血のある人。
(5)心臓病の診断を受けた人。
2.2~3回使用しても排便がない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬
剤師又は登録販売者に相談すること

[その他の注意]
次の症状があらわれることがある
立ちくらみ、肛門部の熱感、不快感


●効能・効果"span"
便秘


●用法・用量"span"
12歳以上1回1個(40g)を直腸内に注入します。
それで効果のみられない場合には、さらに同量をもう一度注入してください。

lt;用法・用量に関する注意gt;
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)本剤使用後は、便意が強まるまで、しばらくがまんすること。
(使用後、すぐに排便を試みると薬剤のみ排出され、効果がみられないことが
ある。)
(3)12歳未満の小児には使用させないこと。
(4)浣腸にのみ使用すること。

[使用方法]
1.チューブの先端のキャップをまわしながらとり、容器内の空気を追い出します。
2.体を横向きにするか、かがんだ姿勢にし、挿入チューブの目盛りをめやすにゆっく
り肛門内に挿入します。挿入する深さは6cm(目盛り)前後が適当です。
(滑らかに挿入できない場合は先端周囲に薬液又は、オリブ油等を塗布すると挿入
しやすくなります。)
3.チューブを片手で固定し、他方の手でボトル部分を握りつぶしながらゆっくり薬液
を注入します。(容器に多少薬液が残っても効果に差支えありません。)
4.薬液注入後、2~5分我慢して十分便意が強まってから排便してください。
◎無理に挿入すると、直腸粘膜を傷つけるおそれがあるので注意してください。
◎冬季は容器を温湯(40℃)に入れ、体温近くまで温めると快適に使用できます。


●成分・分量"span"
本品1個(40g)中
日局 グリセリン・・・・・・・20.0g

添加物として ベンザルコニウム塩化物含有
溶剤として 精製水


●保管及び取扱いの注意"span"
(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。
(誤用の原因になったり品質が変わる。)


●お問い合わせ先"span"
ムネ製薬株式会社 お客様相談室
兵庫県淡路市尾崎859
0120-85-0107
8:30~17:00(土日祝を除く)
(独)医薬品医療機器総合機構
副作用被害救済制度 0120-149-931


メーカーより

【第2類医薬品】コトブキ浣腸L40 40g×2


XYZマーダーズ

2021年02月18日 17:29



【原題名】CRIMEWAVE
【製作】ロバート・タパート
【監督】サム・ライミ
【脚本】サム・ライミ、ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
【撮影】ロバート・プライムス
【音楽】アーロン・オーバー
【出演】リード・バーニー、シェリー・J・ウィルソン、ポール・L・スミス、ブライオン・ジェームズ、ルイーズ・ラサー
【製作年】1985年
【製作国】アメリカ
【上映時間】86分


【STORY】
警備会社に勤める気弱な青年ヴィクは無差別殺人の罪で死刑執行されようとしていた。電気椅子を目の前にして彼は自分が無実だと訴え続ける。彼の勤める警備会社のオーナーであるトレンドは、共同経営者のオーデガードが裏切って会社を売ろうとしていることを知る。トレンドは街の殺し屋オーデガードの始末を依頼するが、現場を確認しに行ったときに、殺し屋に間違って殺されてしまう。ファロンとアーサーの殺し屋コンビは、殺人の目撃者も始末しようと警備会社の向かいのアパートへ入っていく。その頃、理想の恋人と信じて疑わない女性ナンシーと知り合ったヴィクは、二人でアパートに向かうが、運悪く殺し屋コンビと遭遇してしまい、ナンシーが連れ去られてしまう。

【REVIEW】
死霊のはらわた』の後に公開されたサム・ライミのスラップスティック・コメディ。前作がスプラッタームービー全盛期に公開され人気を博したことからか、この『XYZマーダーズ』もホラーっぽい雰囲気で宣伝されたが(自分も騙されましたが―)、内容はライミお得意のドタバタ劇が全編に渡って展開する爆笑作でした。特に殺し屋コンビ2人の印象が強烈で、ポール・L・スミス演じる怪力巨漢男ファロンと相棒アーサー演じるブライオン・ジェームズあってのこの映画。一応、職業:殺し屋なんだけれど、行き当たりばったりだし、いい加減だし、無茶苦茶だけれどもとにかくパワフル。壊れないドアを無限に壊していくところ、電気ショックの機械のメモリが「人間」から「ヒーロー」になるところ、車内のタバコのコントなど、小ネタもいっぱいで好きな人には堪らない魅力があります。

その他にも、オーナー夫人やアパートの理容室の客、死刑執行人、キザな男(ブルース・キャンベル!!)など、笑える登場人物が数多く登場、というかまともな人物は登場していない!?製作年が80年代なんで当時を知る者には懐かしい絵面なんだけど、若い人にはそれが古めかしく感じるかもしれません。当時、『クリープショー』の同時上映で見に行った自分には、当時の雰囲気が味わえて、いや本当に懐かしい。パンフレットも買ったけど、なぜかクリープショーとセットになったやつだった気がします。『XYZマーダーズ』だけだと売れないと判断されたんかな~。




DIY 数字油絵 数字塗り絵 大人の子供のためのギフト デジタル油絵 数字キットでペイント ホーム オフィス装飾 - 路面電車 40* 50センチ




是空さんより、『スキャナーズ』『ザ・ブルード/怒りのメタファー』が今夏発売。

2021年02月17日 14:33

[是空タイトル告知解禁] デヴィッド・クローネンバーグ監督『スキャナーズ』『ザ・ブルード/怒りのメタファー』の2K修復版Blu-rayは8月発売予定です。


速報です。
いや、もう、これは“買い”でしかないでしょ。

シーバース/人喰い生物の島≪最終盤≫の仕様

2021年02月17日 10:32

少し前の記事で載せていた『シーバース/人喰い生物の島≪最終盤≫』が無事発売され、特典映像等の内容が告知されていたので、こちらにも載せておきます。



映像(音声)特典:
DISC2:
〇困難を乗り越えろ/デヴィッド・クローネンバーグへのインタビュー(12分)〇グッド・ナイト・ナース/リン・ロウリー(女優)へのインタビュー(17分)
〇ジョー・ブラスコ(特殊メイク)へのインタビュー(13分)〇シネピックスの祝福/ジョン・ダニングの伝説 グレッグ・ダニングへのインタビュー(10分)
〇デヴィッド・クローネンバーグへのインタビュー(1988年収録)(22分)〇スチール・ギャラリー/ジョン・ダニング(製作総指揮)によるインタビュー音声付(10分)
〇テレビ・スポット(1分)〇ラジオ・スポット集(2分)〇劇場予告編(3分)

封入特典:BOX仕様、16ページブックレット(山崎圭司監修)



ちなみにこのあとリリース予定の『悪魔の受胎≪最終盤≫』と『悪魔の墓場≪最終盤≫』の特典内容はまだ告知されておらず不明ですが、ファンなら特典内容よりも、ブルーレイ化による高画質化・高音質化の方が重要ではないでしょうかね(まだ見ぬ特典映像も勿論貴重なのだけど)。あと、『悪魔の墓場』『悪魔の受胎』両方ともがアマゾンでは、謎の缶バッチ付きの仕様もラインナップされていますが、墓場はともかく、受胎の方って買う方いるんだろうか?熱心なノーマン監督ファンって一定数いるのかな・・・。





ドッグ・ソルジャー

2021年01月20日 17:50



【原題名】DOG SOLDIERS
【製作】デヴィッド・E・アレン、クリストファー・フィッグ、トム・リーヴ
【監督】ニール・マーシャル
【脚本】ニール・マーシャル
【撮影】サム・マッカーディ
【音楽】マーク・トーマス
【出演】ショーン・パートウィー、ケヴィン・マクキッド、エマ・クレズビー、リーアム・カニンガム
【製作年度】2002年
【製作国】イギリス
【上映時間】105分


【STORY】
山奥で軍事演習を行っていたイギリス軍の小隊は、救難信号を見つけて現場に向かうが、そこには惨殺された特殊部隊の死体が転がっていた。重傷を負いながらも生存していた特殊部隊のライアン大尉を発見した小隊は現場を後にするが、何者かの襲撃を受けて隊員も死傷してしまう。途中、車に乗ったメーガンという女性と合流してとある一軒家に逃げ込むが、そこにも襲撃者は追ってくる。やがて彼らは、自分たちを襲っているものが人狼であることに気付く。

【REVIEW】
本場英国製の人狼ホラー。山奥の一軒家を舞台に籠城した主人公らが人狼の群れと戦うという構図は、『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』から受け継がれている定番のパターンだが、襲われる側が軍人ということで、ミリタリー的な要素が入っているのがこの映画の特徴。なので、か弱いヒロインが泣き叫んだり、一般人同士がいざこざを起こしたりという描写は無く、軍隊ならではのチームワークで人狼と対峙していくのがテンポよく描かれている。また、冒頭襲われたカップルが持っていた銀のナイフが最後で役に立っていたり、襲われた人間もまた人狼と化したり(傷を負っていても見る見るうちに治っていく)、狼男のお約束はきちんと守っているのも律儀。肝心の人狼の造形はどこか初代ハウリングのそれを思い起こさせて、CGではない、スーツアクトによりリアリティーが増しているのもプラスポイントになっている。

襲われる場面の血の量や、喰われる場面の内臓なんかもけっこう見せてくれ、ゴア度が高いのも嬉しいが、人間から狼男へ変身するところが無いのは若干寂しさを感じます。その点『ハウリング』や『狼男アメリカン』『狼の血族』なんかは変身場面が映画の見どころの一つであったので、それらと比べるとやはり見劣りはしてしまう(まあ、それを補ってバトルシーンはふんだんに用意されているんだけど)。また、筋書きも真面目一辺倒ではなく、ところどころにユーモアを交えていて、それがアクセントにもなっている。武器が無くなった隊員が台所でフライパンで戦ったりとかね。あと、最初に重傷を負って内臓はみだした軍曹が最後まで生き残っていたのには驚きで、人間ってタフな生き物なんだなあ~とか感心したり。

監督のニール・マーシャルはこれが長編デビュー作品。みるからに低予算製作だろうけど、そこはアイデアと演出でうまくカバーしていると思いました。取り合えず、パワーと勢いで押し切ったような感じ。で、この次に撮るのが洞窟ホラー『ディセント』なんですが、個人的には大好きな作品です。こちらも、そろそろブルーレイ出してくれませんかね~。








コロナ禍のハプニング

2021年01月18日 11:21

シャマランの『ハプニング』を久しぶりに鑑賞(前回は、2011年だった)。評価は低い本作ですが、個人的には割と好きな作品。ストーリーはオチを放棄してしまっているんでダメなんだろうけど、「何か得体の知れないものに襲われて逃げ惑う人々の不安」を淡々と見せてくれていて、こういう雰囲気を味わいたいときにはピッタリ(←そんなときって、どんなとき?)。特に、昨年から続いているコロナ禍の今現在だと、より身近に感じたりもする。この『ハプニング』でも、植物がなんらかの化学物質(毒素)を放出して人間の神経を狂わせている(らしい)という原因が提示されるが、はっきりとは分からずじまい。ただ言えることは、自然界で起こることは人間では解明できないことも多く、新型コロナウィルスもその発生原因・対処方法など今現在では謎要素がてんこ盛り。はっきり分からない事象ほど怖さを感じるもので、「自然界が傲慢な人間に牙を剥いた」とか「増えすぎた人口を減らすために自然界の淘汰が始まった」とかそういったフレーズも出てきたりします(人間が作り出して、それをばら撒いて人減らしを行っているという考えも末恐ろしいが)。まあそんなこんなで、核心的なところは何も説明してくれない不親切な本作ですが、あまり何も考えずに不安的な雰囲気を味わってみるのがこの映画の本質な気がします。






工事現場で高いところから人が降ってきたり、大量に首をつっていたりと、自殺する人続出の映画ですが、流血シーンはほとんどなくて割とマイルド(そもそもホラーではないし)。途中、ライフルで頭ぶっ飛ばされてちょっとだけ脳みそドロッというところは、少しビビりました。



天体望遠鏡、倍率レンズ望遠鏡レンズクリスマスギフト子供向けギフト用天文学者向けギフトホームスクールアウトドア用


マーク・ウォールバーグの嫁さん役のゾーイ・デシャネルのブルーの瞳がやたら綺麗なのが気になった。レグイザモはオマケで。
あと冒頭の公園のシーンで、『キャビン』や『ザ・ベイ』にも出演していたクリステン・コノリーがチョイ役で出ていた。



最新記事