13372円,産業・研究開発用品 , 研究開発用品 , 研究用機器・計測機器 , 遠心機 , 遠心機ローター,/goslet366291.html,nbcdxb.com,電気遠心分離機、デスクトップ小型PCR遠心分離機、高速冷蔵実験用遠心分離機、0〜99分のタイマー、取り付けが簡単な振動モジュール,15ml×6 13372円 電気遠心分離機、デスクトップ小型PCR遠心分離機、高速冷蔵実験用遠心分離機、0〜99分のタイマー、取り付けが簡単な振動モジュール,15ml×6 産業・研究開発用品 研究開発用品 研究用機器・計測機器 遠心機 遠心機ローター 電気遠心分離機 デスクトップ小型PCR遠心分離機 高速冷蔵実験用遠心分離機 15ml×6 2022超人気 0〜99分のタイマー 取り付けが簡単な振動モジュール 13372円,産業・研究開発用品 , 研究開発用品 , 研究用機器・計測機器 , 遠心機 , 遠心機ローター,/goslet366291.html,nbcdxb.com,電気遠心分離機、デスクトップ小型PCR遠心分離機、高速冷蔵実験用遠心分離機、0〜99分のタイマー、取り付けが簡単な振動モジュール,15ml×6 電気遠心分離機 デスクトップ小型PCR遠心分離機 高速冷蔵実験用遠心分離機 15ml×6 2022超人気 0〜99分のタイマー 取り付けが簡単な振動モジュール 13372円 電気遠心分離機、デスクトップ小型PCR遠心分離機、高速冷蔵実験用遠心分離機、0〜99分のタイマー、取り付けが簡単な振動モジュール,15ml×6 産業・研究開発用品 研究開発用品 研究用機器・計測機器 遠心機 遠心機ローター

電気遠心分離機 デスクトップ小型PCR遠心分離機 82%以上節約 高速冷蔵実験用遠心分離機 15ml×6 2022超人気 0〜99分のタイマー 取り付けが簡単な振動モジュール

電気遠心分離機、デスクトップ小型PCR遠心分離機、高速冷蔵実験用遠心分離機、0〜99分のタイマー、取り付けが簡単な振動モジュール,15ml×6

13372円

電気遠心分離機、デスクトップ小型PCR遠心分離機、高速冷蔵実験用遠心分離機、0〜99分のタイマー、取り付けが簡単な振動モジュール,15ml×6

商品の説明

"span"遠心分離機の最高速度は4000r / minで、0-4000rpmのスピードタイマーと0-99分のタイマーが装備されており、生物、医療、化学、その他の業界の研究所や生産部門で広く使用されています。血漿および血清、尿素およびワクチン製造の定性分析に使用されます。
低速遠心分離機は、主に固体粒子と液体懸濁液を分離するため、または密度とエマルジョンへの相互溶解性が異なる2つの液体を分離するために使用されます(たとえば、乳脂肪からの分離)。
また、洗濯機を使用して乾いた濡れた服を回転させるなど、液体中の濡れた固形物を除去するためにも使用できます。

基本パラメータ
名前:デスクトップ低速遠心分離機
表示モード:LED
電圧:110-220V
最高速度:4000r / min
速度精度:±30RPM
オプション容量:15ml×8、20ml×8、20ml×6、15ml×6、10ml×8、10ml×12、10ml×6
最大RCF:2150×g
時間範囲:0〜99分
ノイズ:≤55dB
電力:50Hz、0.25KW、5A
重量:7kg
サイズ:31×26×21cm/12.1×10.2×8.3インチ

通常の動作条件
環境温度:5℃〜35℃
相対湿度:≤85%
部屋に導電性のほこり、爆発性および腐食性のガスがあってはなりません。

パッケージの内容
1×デスクトップ低速遠心分離機、1×ユーザーマニュアル

マニュアルコンテンツ
1.構造原理
2.技術的特徴
3.基本的なパラメータ
4.インストール
5.通常の動作条件
6.使用方法
7.安全要件
8.メンテナンス
9.障害の診断とトラブルシューティング
10.品質保証

電気遠心分離機、デスクトップ小型PCR遠心分離機、高速冷蔵実験用遠心分離機、0〜99分のタイマー、取り付けが簡単な振動モジュール,15ml×6

ストレスに悩まない職場をつくる

SERVICEサービスのご案内

ストレスチェック

紙・WEBどちらにも対応したストレスチェックキットを提供しています。紙版は最低価格を保証!

詳しくみる

アンケート自動入力

1枚10円~、紙のアンケートを自動で入力・集計!
グラフ化まで無料で行います

詳しくみる

 

システムインテグレーション

東大発の技術力で業務改善&効率化に幅広く対応!
まずはご相談ください!

詳しくみる

ABOUT 情報基盤開発について

株式会社情報基盤開発は、独自開発した紙データの自動入力・集計システムAltPaper(アルトペーパー)を中心に、AltPaper事業(アンケート集計事業)、ストレスチェック事業、SI事業を展開しています。

当社は、経営者が東京大学在籍時に橋梁情報や検査結果の管理を行なうシステム「橋守Eagle-eye」を開発し、2004年に創業しました。その後も研究開発を続け、新たに開始したのが手書き回答アンケートのデータ入力・集計作業を自動化するAltPaperです。このAltPaperという名前は、AlternativeとPaperを組み合わせたもので、「紙の別の可能性を追求したい」という思いが込められています。

現在も様々な作業に紙が用いられていますが、その手書きデータの集計作業には膨大な時間と労力がかかっています。当社は、コーポレートビジョンとして掲げる「価値の高い仕事、質の高い生活」の実現を目指し、今後もこのAltPaperを中心として技術力を磨きながら、紙とITのギャップを埋め、世の中の作業効率を高めることに貢献します。

お知らせ


絞り込む全て コラム プレスリリース